「ほっ」と。キャンペーン

そうよ私は酢酸臭い女。



今年の目標と言うかなんというか。

先日少し車で遠出をした時に
とても綺麗な光景を見かけまして

夕方4時頃だったと思うのですが
まだ夕焼けにならない薄水色の空の上に
それはそれは 大きな満月と思われるお月様が
白色をして低い位置に上がっておりました

そのお月様の下には 
厚い雲がかかっており

さらにその雲の下には
山がありました

空の色 月の色 雲の色 そして 山の色
その組み合わせがなんとも言えない素敵な色合いで


上手に書けないけどこんな感じwww
c0197061_314469.jpg



絵に描いたみたいな光景で
写真を撮りたいと思ったんですけど
レンズも望遠側で75mmしかないし
運転中だし 降りて撮るのもなんかなーとか思いながら
通り過ぎたんですけど

やっぱ 今のは撮りたい!
と思って 戻った時には

お月様はさっきよりも高く登ってしまい
大きくて綺麗だったお月様の姿は
小さくなってしまっておりました


後悔先に立たずとは まさにこの事と言った感じで

私は普段 素敵なものを見つけたなと思っても
写真を撮らずに通り過ぎてしまう事が多々あり

というのも 写真を撮るぞ!と 意気込まないと
どうもテンションが上がらない性分なのです


この お月様事件を切っ掛けに


撮らずに後悔するならば
撮って後悔するべし!



今年はこれを肝に銘じて精進しようと
思ったのでございました。


チャンチャン♪
[PR]
# by mememegane | 2010-02-04 03:15

初ハッセル。

c0197061_4105721.jpg
c0197061_4112587.jpg
 
c0197061_4113463.jpg
c0197061_4114589.jpg



ハッセルで出来た初のネガがこれです。
露出は天候も良かったので まずそこまで外すこと無く撮れていました。
でも もっとハッセルの良さを引き出す撮影があるはず。
もっと 研究しなければ・・・。

しかし 仕上がった4本のネガ。
見てみると 最初の4コマくらいに光線被りを生じているみたい。
(1枚目の写真もそうです)
フィルム装填の仕方が悪いのか・・・。
ボディのせいかのか・・・。
少し不安です。

ガンダムを撮りたくてしょうがなかったのかと言えばそうではないけど
被写体として とても面白かったです。
とにかく大きいので引く面白さ 寄る面白さがあって 
ついつい夢中になってしまいました。

しかしこれは ガンダムと言う作品であって 私の作品ではないです。
なのでこの写真の面白さは  あくまで ガンダムの面白さ カッコ良さ。
私の写真の面白さではない。
それに ガンダムに対しての思い入れも無いので 私の作品ですとは言いがたいです。

ですが気持ちの問題なので ガンダムを心から愛している人が撮れば
その写真は作品と言えるのかもしれません。
ようは気持ちの問題です。

意識して撮った点は ガンダムという機械的なイメージに
あえて草木を一緒に写すことでギャップ感を楽しんでいました。
たまには こんな風にイメージを抱きながら撮るのも
面白いなと思いながら撮っていました。

あと モノクロが1本仕上がってきます。
そっちはハードボイルドに撮ったつもりなので
また後日更新しますね。
[PR]
# by mememegane | 2009-06-30 04:12

ギザギザハートの子守唄

あ〜あ わかってくれとは言わないが
そんなに 俺が悪いのか〜♪
ララバイ ララバイ おやすみよ
キザキザハートの子守唄〜♪

今日も人から もっと綺麗な物撮れよと言われましたw

だーかーらーw 撮りたいと思わないんだからしょうがないでしょw
興味の無い物なんで撮らなきゃならないの?
シャッターくらい好きなように切らせてくれよ!
撮りたい物も撮れない世の中なんて ポイズン!

綺麗な写真が嫌いなんじゃないのよ
私が撮りたいと思わないだけ それが どうして判らないのか!

ああもうさ わかってくれとは言わないから そんなに私を責めないでくれよwww
世の中にはいろんな価値観があるんだ 自分の狭い小さな世界観だけで
人を責める事は辞めていただきたい。

そういう人は その小さな箱の中から一生出られない
そういう人なんだろうと実に哀れに思う。

カメラと言う道具を使って いろんな写真表現をする人がいる
異なる表現をする人と人を比べてなんの意味があるのか?

絵の具という画材を使って 
空想画を描く人もいれば リアルな絵を描く人もいる。
プレイステーションというゲーム機を使って 
アクションゲームをする人もいれば シューティングゲームをする人もいる。

それらを比較してどうする?どうなる?
そんなことは本末転倒。

先日こんなコメントを頂いた。

うまいね でも やっぱり何十枚かに一つ運よくいい写真があるくらいだね
さきさんはいちまい残さずいいけど
アナタのは安心してはみれない


悪いが私は 運で写真は撮っていない。
その時興味をそそられた物に対して素直にシャッターを切っている
手当り次第に ファインダーも覗かず撮っていたら
デジカメならまだしも フィルム代がいくらあっても足りないw

そして人と比較すること。
先ほども述べたように 写真にはいろんな表現がある。
彼女と私は異なる表現をする者同士だとお互いに自負しているし
互いに尊重し合っている 
彼女と私を比較する事は これまた本末転倒なのである。

そんなコメントに何故私が 反応したのか。

それは 嬉しかったから!!
このコメントの この一文。

「 アナタのは安心してはみれない 」

このコメントが私は嬉しかったのだ!!
コメントを書いたりー坊さんは何を思って書いたかは知らないがw
安心して見れる写真。そんなの私はつまんない!

去年見に行った 森山大道の写真展。
彼の写真を見たときの あの胸騒ぎ
美術館を出た後も 興奮が収まらなかった。

ドキドキ ハラハラ するような写真!
何を意味しているのか 何を撮りたかったのか
そんなことを 見る者に感じさせるそんな写真を撮りたい!

物語だって何を意味しているのか判ってしまったら面白く無いのだ。
そして結末だって 必ずしもはっきりとした結末が待ってなくたって良い。
ハッピーエンドだけが結末じゃない。

村上春樹の本だって素敵なハッピーエンドがいつも待ってるわけじゃない。
それでも人々の心に残っているんだ。

と・・・ まぁ・・・。
自分の話題から よくもまー 森山大道 
そして 村上春樹まで引っ張りだしてきたものだw
無駄にポジティブで どうもすみませんwww


何十枚かに一つ運よくいい写真があるくらいだね


これでも十分褒め言葉になりますけどねw
ぶっちゃけ 私
「これは私にとっての最高の一枚だ!」って言える写真を撮れてませんから。
まだカメラ人生 たったの2年半。
一生涯続けるつもりなんで まだまだこれからです。
[PR]
# by mememegane | 2009-06-12 05:43

シャッターを切るということ

このブログの存在を 誰もそんなに気にしていないのだろうと思っていたら
更新を楽しみにしていてくれている人がいてくれた事を知り
嬉しく思った今日この頃です。

よくどんな写真を撮っているのかと問われて
風景?ポートレート?などと聞かれると 
うーん・・・と悩んでしまう私です。
まだ上手に伝えられないけど 私の中で漠然と思っている事は
風景であっても人物であっても「この世にあるリアル」 
ざっと言うとそんなところです。

カメラという道具を使って写真を残す。
今まで目の前にあった出来事を一瞬 
目にも止まらぬ早さで過去に変える事が出来る。
当たり前の様でとってもすごい事だと思う。
だからこそ私は現実をリアルに切り取りたいんです。

以前にも書いたけどカメラを始めたばかりの頃は
絵葉書のような綺麗な場面や可愛い場所を探し写真を撮っていました。
そしていつからか「あなたの写真は綺麗だね」 
と言われるような写真を撮ろうと
意識しシャッターを切るようになっていました。

でもそんな自分に苦痛を感じるようになってきた。

「今これを撮りたい!」そう自分で思う瞬間があっても
それは人が見た時に綺麗だとか可愛いとかカッコいいとか
そういう世間一般的な感覚からずれた物だってことが自分でわかると
別にデジカメなんだからシャッターくらい切れば良いのに
それが出来ずにもう何を撮って良いのかわからなくなる時期がありました。
撮りたいと思った写真を「独特の世界だね」と言われると
私お得意の被害妄想かもしれないけど
「君の写真はわからないや」と遠回しに言われるようこともあった。

でもある時
「別に周りからどう思われても良いや」と吹っ切れる様になった時
シャッターを切る事が本当に楽しくなりました。

たまには私も「君の写真綺麗だね」と褒められたくなる時があります。
そりゃ人間ですから誰だって褒められたいです。
でも褒められたい気持ち以上に自分に素直にシャッターを切りたい。

誰が見ても綺麗だと思える写真を撮れる人
本来人の目には見えないような
カメラやレンズの性能を生かしたボケの生きた写真。
それはそれで 私は素晴らしいと思うし
それもまた写真表現のひとつ!
私だって綺麗な写真を見る事は大好き!

ただ自分がそういう風に撮りたいと思わないだけ。ただそれだけ。
なんとなくなら綺麗な写真も撮れるだろうけど
心から綺麗な写真を撮りたいと思ってる人には
私なんかは到底足下にも及ばない。

どんな写真であっても撮影者が素直な気持ちでシャッターを切っていれば
それは自ずと写真に現れてくるはず。

写真を写心と言うそうです。
心を写す まさにそうだなと。

誰かと比べて下手だとか上手いとかそういう物じゃないと私は思ってる。
100人に1人でも猛烈に私の写真を良いと思ってくれる人がいれば
万人ウケしなくて良いと思っている。
まだまだその道のりも遠いけどね。

先日友人を撮影してその写真を本人にあげた所
「めめちゃんの撮る写真 妙にリアルで生々しぃ〜」と言われた。

それが私は凄く嬉しかった。
[PR]
# by mememegane | 2009-04-24 05:06

さよなら3月。

3月も残す所あと1週間を切った。
私も30歳になり、妹は4月から就職。
30代も張り切っていきまっしょい!
c0197061_5401980.jpg

[PR]
# by mememegane | 2009-03-26 05:40


カメラや写真のうんちくを語るブログw
カテゴリ
全体
自己紹介
未分類
以前の記事
ライフログ
人気ジャンル
ブログパーツ
  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。
  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。
  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧